エコカラットの仕上りは何処で施工しても同じではありません

リクシルから発売されている内装用タイル、エアクリーニングウォール「エコカラットプラス」
エコカラットプラス施工を検討されている方の多くは新築マンション購入後のユーザーさんではないでしょうか。
戸建や中古マンションとは違い新築のマンションは構造体であるコンクリートが打ちたての為、また非常に
高気密高断熱設計の為、室内住戸が大変湿気を帯びやすくなっているからです。
それから新築マンションでは恒例行事であるインテリアオプション販売会があり配布されているパンフレットにも
魅力的な案内があったのではないでしょうか。
エコカラットプラスは健康建材とも呼ばれており呼吸のできるタイルで知られています。
その機能性は湿度コントロールで必要以上に高湿度の場合は湿気を吸収し乾燥期には湿気を放出してくれる
大変便利なタイルです。(もちろんエネルギーは無しで働きます)
またVOCと呼ばれている空気中の有害物質であるホルムアルデヒドなども吸着して再放出しないようにもなっています。
概ね最近の新築マンションであれば役所の検査もありますのでご入居前の状態では有害物質がでる事も無いと思います。
しかし、ご入居後にはあらゆる方面から持ち込む未検査のものは若干でもホルムアルデヒドを放出するものが懸念されます。
そんな時こそエコカラットプラスの機能が大変有効的と言えるでしょう。

さて、このエコカラットプラスはリクシル製ですので何処で購入してもタイル素材自体は同じです。
でも施工は業者が行うものですので貼った後の仕上がりは同じとは言えません。
内装用とは言えタイル素材ですので施工はタイル職人がベストです。
エコカラットの貼り方は下地に対して均一に専用接着剤スーパーエコぬーるを塗布して貼りますが単純に均一に塗れれば
良いものではありません。
多少カタログにも記載していますが平らなタイルを壁へ圧着させる為、接着剤をクシ目を立てて塗らなければなりません。
これはエコカラットの施工後には見えなくなるものですが将来的に安定した接着力を持たせる為に重要な役割でもあります。
キッチリ目立てして塗布しないと壁の不陸により部分的に接着力が悪くなるからです。
これらの作業はタイル職人が非常に上手いですね。
どうしても安価な価格に拘ると専門職人では無く手先の器用な副業職人が施工する事になり施工自体が安定せず後に
剥がれる危険もあります。

最後にエコカラット自体の貼り作業ですが皆さんは同じエコカラットを貼るのであれば誰が貼っても仕上がりは同じ?
なんてお考えでしょうか。
実は大きく異なります。
施工例などの写真をご覧ください。
エコカラットはタイル素材を目地無しの突き付け施工で来ないますがタイル同士の「目地」があります。
これが見た目の大きなポイントです。
素人的に貼ろうと考えた時、楽な方法は「片押し施工」と呼ばれる方法です。
左右一方向から貼り始め最後に余った小さな寸法分を入れる貼り方で左右均等ではありません。
(もちろん片押し施工の方がメリットのある場面もありますが一般論です)
綺麗に見せる為には左右の切ものが同じ寸法の方が見栄えが綺麗です。(作業は面倒ですが)
上下の場合はまた別で残る切ものの寸法にもよりますし選ぶエコカラットの素材でもベストな施工法は異なります。
通常これらは現地施工まえにお客様と相談して決めるのがベストだと思います。
これを相談せずに安易に施工してしまう業者も多いので依頼する前に良く検討してから注文しましょう。
インテリアオプション会は価格が非常に高く施工方法も相談できませんし、単純に貼るだけの作業になってしまいます。
だからと言って激安ショップで施工をして折角購入した新築マンションを台無しにしないよう注意が必要です。
これからエコカラット施工を検討中の方は信頼できるプランナーと熟練したタイル職人が施工するエコカラット施工店で
ご注文ください。
豊富な施工例写真を掲載しているウェブサイト、エコカラット販売施工店のマンションオプション.comはこちらからご覧いただけます。